→【必ずご覧ください】新型コロナウィルス感染症予防対策について

ホームカラーでの白髪染めをお勧めしない4つの理由|伊勢原でおすすめの美容室・美容院

BLOG
- ブログ -

ホームカラーでの白髪染めをお勧めしない4つの理由

美容院see.Lです。

白髪てすごく気になりますよね。

  • 白髪はすぐ伸びる
  • なんで目立つところに生えてるの⁉︎

と、このように白髪染めをして2・3週間で気になってくると、たくさんのお客様から言われます。

中には、美容院で白髪染めをする間に「自宅でホームカラーをする」というお客様もいます。

ホームカラーはドラッグストアで購入でき、手軽に白髪を染めれるイメージがあります。

簡単にメリットを挙げると、

  • 安あがり
  • 種類もたくさんある
  • 自宅で自分で好きな時にできる

しかし、良いことばかりではありません。

白髪染めを得意とする美容院h.crewでは、ホームカラーでの白髪染めを否定はしていませんが、オススメはしていません。

オススメしない理由は、

  1. 白髪染めは難しい
  2. ホームカラーは染まりが悪い
  3. 色持ちが悪い
  4. 必要以上にダメージがある

です。詳しく説明します。

白髪染めは簡単ではない。

まず、最初にこれです。白髪染めでただ黒く染めることは難しくはありませんが、明るく綺麗に染めるのは難しいのです。

白髪は黒髪と違います。黒髪を染めていくことと、白髪を染めていくことは同じようで同じではありません。

白髪染めをするときの大事なポイント

  • 黒髪と白髪の割合
  • 白髪の生えている場所
  • 地毛の黒髪が持つメラニン色素
  • 髪質
  • 髪の状態
  • 希望の仕上がり

これらが明確にわかっている必要があります。

どれか1つでも抜ければ、仕上がりのクオリティーが落ちていきます。

そして、白髪を染めながら黒髪も同時に同じように染めていくには、どうしても明るさの限界があります。

そういったことも含めて薬剤(カラー剤)の選定・調合が必要となってくるのです。明るい白髪染めのことに興味がある方は、こちらがもっと参考になるかもしれません。

『黒髪も白髪も明るく染めるには白髪染めヘアカラー剤の調合が必要』

白髪染めカラー剤の塗布にはコツがいる

白髪は黒髪と違うと言いましたが、お客様でも感じるわかりやすい違いが「白髪は黒髪よりも元気」というふうに感じることがあると思います。

白髪は黒髪よりも水分量が少ないため、硬くゴワつきやすく主張してくるため、このように感じることが多いのです。

それなので、おしゃれ染め(ファッションカラー)とは違ったカラー剤の塗布技術が必要となります。

ホームカラーでの白髪染めの残念なところ

ホームカラーは手軽で好きなタイミングで白髪を染めることができますが、デメリットも多いのが事実です。

染まりが悪い

これは仕方がないことです。白髪の量や髪の状態などに合わせてカラー剤を調合するわけではないので、思った通りに仕上がらないことがほとんどです。

美容院での白髪染めの間にホームカラーをされるお客様を見ていて多いのが、黒髪は明るくなっているが白髪が染まっていない。さらに残念なことが、前回美容院で染めた部分の色が薄くなってしまっていること。

これは、伸びてきた白髪を染める時に美容院で染めた部分までホームカラーを塗ってしまったことが原因です。

しっかり染まるカラー剤で塗布し、必要な放置時間を間違えなければ、こういったことは起こりにくいですが。

美容師ではない方がこれをするのは大変難しいことです。

色持ちが悪い

ホームカラーで白髪染めをされたお客様を見ると、染まりが薄く染料がしっかりと定着していない状態の方が多いです。

美容院では、お客様のご希望に合わせてベストなカラー剤を調合するから持ちも良いのです。

このベストな調合とは、色味や明るさだけでなくカラー剤の強さも髪の状態に合わせてコントロールしています。

これが大事なのです。

ホームカラーは不特定多数の使用者に合わせて作られています。染まりやすい人、染まりづらい人どちらでも一定の仕上がりになるように。

そのため、使用する方の髪質や髪の状態によっては、必要以上に髪への負担が大きくなることがあります。

髪への負担はどんどんダメージとなり、ヘアカラーの色持ちが悪くなっていきます。

頭皮診断できていますか?

1番大切なことがこれです。

頭皮というのは、お顔とつながる大事な皮膚です。

常に健康状態であればいいですが、体調や季節などで頭皮状態が変わることもあります。また、自宅での頻繁な白髪染め(1〜2週間ごとなど)は危険です。

白髪で気になるのが顔周り生え際の白髪です。この部分は、ほぼお顔と言っても変わりないところです。

ホームカラーで頻繁に白髪を染めていると、肌に異常が出ることも稀にあるので注意が必要です。

ホームカラーはつなぎ。メインは美容院。

白髪が気になってどうしようもないという方は、このように考えてもらうのが良いです。

基本的には、定期的な美容院でのヘアカラーでキレイな仕上がりにしてもらいます。そこで、ホームカラーでのアドバイスをしてもらいます。

そして、また美容院で頭皮や髪の状態を見てもらい白髪を染めていきます。

白髪染めカラー剤にも種類があります。

  • 明るくできるものできないもの
  • 髪にダメージがあるものないもの
  • 頭皮への負担があるものないもの
  • 色味の種類があるものないもの
  • 色持ちが良いもの悪いもの

こういったカラー剤をお客様のご希望に合わせて選択し、調合、施術工程、アフターケアまで考えることができるのが美容院での白髪染めです。

美容院see.Lでは、髪の状態はもちろん頭皮の状態までチェックします。

白髪はすごく気になりますし、すぐに伸びてきて気になるものです。そのためホームカラーを使用することをダメとは言えません。

けれども、定期的な美容院でのケアや診断は必ず必要です。

髪、肌へのダメージが進むと白髪を染めること自体が困難になることもあります。まずは、美容院で美容師にしっかりと相談することが大切です。

また『美容室とホームカラーでの白髪染めを併用するときに絶対に注意すべきこと』があります。

初回限定クーポン

ARCHIVES